ニュース

CDRを利用した無害化ソリューション SasaSoftware社GATESCANNERの国内販売を開始

  • 2019年04月12日

CDR(Content Disarm and Reconstruction)技術を利用し、組織内へランサムウェア、ゼロデイ、そして従来のウイルスの侵入を防止するGate Scannerの日本国内の販売を開始致します。

サイバー攻撃対策にてファイルの無害化・CDR GateScannerをご検討頂けますようお願い致します。

Sasa Software社について

SasaSoftwareは、CDR(Content Disarm and Reconstruction) を提供するサイバーセキュリティ会社です。イスラエルKibbtuzSasaにあるSasa Software2013年に米軍の軍用車両の軍事請負者であるPlasan社の技術部門の分社として設立されました。Sasa Software GateScanner®は独立系マーケットアナリスト Frost&Sullivan2017年のアジア太平洋のICTセキュリティベンダーに認められました。

本文中の会社名、製品名は、各社の登録商標です。

取扱製品

Safend Data Protection Suite
Safend Protector
ポート・デバイスの制御を実施し、記憶媒体の暗号化も実施します。 詳しくはこちら
Safend Encryptor
内蔵HDDを暗号化し、盗難・紛失からの情報漏えいを防止します。 詳しくはこちら
Safend Inspector
社内の機密情報をプリンター、メール、FTPなどの経路から流出しないよう制限をかけ、情報流出を防ぎます。 詳しくはこちら
その他
セキュリティポリシーを検討を補佐するオプションもご用意しています。
Safend Auditor-デバイスの監査
Safend Repoter-ログの可視化
Safend Discover-クライアント内のデータ監査
詳しくはこちら
Malwarebytes
Endpoint Security
高度なマルウェアの発見と修正、悪意のあるウェブサイトへブロック 詳しくはこちら
Endpoint Protection
業界最高レベルの情報収集技術を持った次世代マルウェア対策ソフトウェア 詳しくはこちら
Gate Scanner
Gate Scanner
CDR技術を利用し、組織内へランサムウェア、ゼロデイ、そして従来のウイルスの侵入を防止します 詳しくはこちら