セキュリティ

GDPRへの対応に関して

EU一般データ保護規則が商慣行となる

欧州連合内で労働に従事していたり、その加盟国とビジネスをしている場合、EU一般データ保護規則(以下、GDPR)が適用されます。EUGDPRは2018年5月25日より施行されます。GDPRは世界規模で活動をしながら、規制を強化して、個人データのセキュリティとその管理を行ってきました。GDPRに従って、欧州連合の市民は情報を保持して、その情報の使用に対して制限をかけたり、情報を移動に関しては強く要求され、もしくは複数の組織に情報の使用許可を与えます。組織は個人データの収集、取り扱い、そして保管に対して保護する環境を整備するように強制されております。当事例はアクセスの許可、パスワード、そしてデータの暗号化を規定しております。「暗号化されていない」データに関する全ての違反は「72時間」以内に報告するように義務付けており、その義務が不履行な場合に対してGDPRが課す制裁金は「2,000万ユーロ」、また前会計年度の全世界年間売上高の最大「4%」に当たる金額を制裁金として科します。追加の制裁手段として、認識できる個人データが流出する場合、賠償義務を下します。

EU一般データ保護規則とは?

  • ・個人データ:特定可能な人物に関連する情報
  • ・情報主体:個人データを所有する人、つまりわたしたち
  • ・データコントロール:個人データを収集、保護、処理、保存、使用そして転送など全てに法的な責任を有する組織
  • ・データ保護の連絡先:各管理当局
  • ・管理当局:加盟各国のEU一般データ保護規則の代表

Safend DPSは歩み続けます

取扱製品

Safend Data Protection Suite
Safend Protector
ポート・デバイスの制御を実施し、記憶媒体の暗号化も実施します。 詳しくはこちら
Safend Encryptor
内蔵HDDを暗号化し、盗難・紛失からの情報漏えいを防止します。 詳しくはこちら
Safend Inspector
社内の機密情報をプリンター、メール、FTPなどの経路から流出しないよう制限をかけ、情報流出を防ぎます。 詳しくはこちら
その他
セキュリティポリシーを検討を補佐するオプションもご用意しています。
Safend Auditor-デバイスの監査
Safend Repoter-ログの可視化
Safend Discover-クライアント内のデータ監査
詳しくはこちら
Malwarebytes
Endpoint Security
高度なマルウェアの発見と修正、悪意のあるウェブサイトへブロック 詳しくはこちら
Endpoint Protection
業界最高レベルの情報収集技術を持った次世代マルウェア対策ソフトウェア 詳しくはこちら